ビル営業部 施工管理部は
どんな仕事をしていますか?

現場の管理の仕事をしています。お客様(ゼネコン/建設会社)や外注先の職人さんとのやりとり、現場のチェック、資料作りなど、サッシの施工現場監督のようなイメージです。特に職人さんの安全管理を一番大事にしています。自分はまだ新人なので、上司や先輩と一緒に現場に入っています。

仕事をする上で意識していること
大変なことは何ですか?

サッシは規格品だけではなくオーダーメイドも沢山あるので、毎回同じとは限りません。なのでいつも下準備をしっかりする必要があります。
それも、先輩や現場で働く職人さんとのコミュニケーションの中で教えていただいたことです。
入社前は人と関わるのは営業だけだと思っていましたが、入社して最初に「施工管理も営業と同じ、人と関わる仕事」と教わり、実際に日々人との関わりの中にいます。

仕事の様子

1日の流れを
教えてください。

08:00
出社
メールチェック、スケジュール確認。
08:30
作業内容の確認/図面チェック
現場に向かう前に、本日行われる作業の内容と、その図面のチェック。
09:30
現場巡回
1、2件現場を巡回し、予定通り進んでいるか進捗を確認。
お客様や取付職人と工程や搬入・取付の打ち合わせ。
サッシの取付検査や動作確認、現場が安全に保たれているか巡回。
16:00
帰社
メールチェック、書類の作成。現場で問題があれば、上司や設計部に報告し、問題解決のための打ち合わせ。
17:00
打ち合わせ
週1回施工管理部全員で集まり、現場の進行状況の報告、問題点などが無いか打ち合わせ。
18:00
退社

この仕事の魅力は何ですか?

職場の上司、先輩が優しいことです。建築関係の職場は縦社会の厳しい環境をイメージしていましたが、そんなことはありませんでした。
自分次第でいくらでも伸びていけるし評価をしてもらえると実感しているので、どんどん成長して現場で独り立ちできるようになりたいです。
また、仕事というよりも会社の魅力になりますが、休日を取れるように配慮してくれるところです。もちろん最初は何をするにも覚えるまでは大変ですが、仕事に慣れて自己管理ができるようになると、プライベートでも時間を作る余裕が出てきます。

就職を考えている方へ
メッセージをお願いします。

「働きやすさ」を重視しているのならぜひ!
わからないことは上司や先輩に聞けますし、仮に失敗をしても怒られる訳ではなく、次につながるように指導してもらえます。仕事のストレスが少ないので、プライベートもしっかり楽しむことができています。
充実した仕事と生活を望んでいる方に合った職場だと思います。

完成前の建物の中に入って出来上がっていくまでの工程を見ることなど、普段の生活の中では味わえない経験を得られるので、全てに新鮮な気持ちで取り組める仕事です。

仕事の様子